注意:作成途中です

求心性であるIa群感覚線維を電気刺激した際に,脊髄内のα運動ニューロンの発火が引き起こされる現象をホフマン反射といいます.この現象は電気刺激装置と筋電計によって観察され,脊髄内の単シナプス性結合の特徴を調べるために用いられる方法です.

ホフマン反射の原理

Ia群感覚線維はα運動ニューロンよりも電気刺激に対する閾値が高い

皮膚上電極による電気刺激によってα運動ニューロンではなくIa群感覚線維を刺激できる理由として,α運動ニューロンの電気刺激に対する閾値がIa群感覚線維よりも高いことがあげられます.この性質は以下の図からもわかり,刺激強度の低い時にはH波と呼ばれる波しか筋電計で観察されませんが,強度が高い場合はH波よりも早くM波と呼ばれる直接α運動ニューロンを刺激したことによる波が観察されます.

ホフマン反射の振幅は運動経験によって変化する

カテゴリー: サイエンス

N

博士後期課程学生 研究中に気づいた事を中心に記事を作成していきます.研究内容は主にヒト運動計測と脳波解析.

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA