Nです.本webサイトは研究に関する情報も発信していきたいため,今後他人の発表した論文等の紹介も行いたいと考えています.

ただそれには

「著作権的に大丈夫なのか問題」

があります.

そこで今回はwebサイトで他人の論文を紹介するときの注意点や,やり方についてまとめました.

結論:少なくともオープンアクセス論文(CC-BY)なら,正しく帰属先を表記することで,図を使用して紹介可能

CC-BYライセンスで論文が公開されている場合,以下の情報を記載することで誰でもその論文の再利用・改変が可能になります(ほかにもCC-BY-NC-SA等がありますが略語の意味は” オープン・アクセスと著作権の取り扱い ”ページを参照してみてください).

記載の必要がある情報

Ⓒ 公表年 著作権者の名前

作者名 タイトル

元の作品の著作権表示かライセンス情報に関するページへの指定されたURL

改変した場合は

元の作品の著作権表示かライセンス情報に関するページへの指定されたURL

FAQ よくある質問と回答 | クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

さらに クリエイティブ・コモンズの実際の使い方 を参考にすると論文の図等の場合は

著者名. 出版年. タイトル. 雑誌名,号,ページ数. CCライセンスの種類(コモンズ証へのリンク付き)

でよいみたいです.

例として

Whittington, James C.R., and Rafal Bogacz. 2019. “Theories of Error Back-Propagation in the Brain.” Trends in Cognitive Sciences 23, no. 3, 235–50. CC-BY 4.0.

論文へのリンクは著作権上はなくても問題ないですが,あると参考文献にたどり着きやすいのでつけています.

参考文献

カテゴリー: 小ネタ

N

博士後期課程学生 研究中に気づいた事を中心に記事を作成していきます.研究内容は主にヒト運動計測と脳波解析.

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA