Nです.トイレが壊れたので背もたれ側のタンク中をいじっていたら大変な目にあいました.水回りの知識を常識としてお持ちの方には必要ありませんが,常識のない私のような被害者が出ないように記事を書きたいと思います.

まず,今現在水が噴き出すような状況に直面している方がいましたら目指すことは一つです.

水の元栓を閉めましょう

それしか問題を解決することはできません.何かが外れた結果水が噴き出したとしたら,水が噴き出している状況では水圧的に再びつけなおすことはほぼ不可能です.

水の噴出を手や板などで軽減しながらすみやかに,水の元栓の位置を同定し,ドライバー等を使用して元栓を閉めることを目指してください.

また,もし水回りをいじろうとしている方で,私みたいな知識のない方いらっしゃいましたら大切なことは以下のまとめだけです.

まとめ:水回りをいじる前に水の元栓を閉めよう(絶対)あと作業中ドライバーは手の届くところに

大切なことを伝え終わったところで実際に何が起こったのか書きたいと思います.

きっかけは夜中の1時ごろ,トイレの水を流した後,背もたれのタンクに水が再び溜まっていないことに気づいたことでした.あと何やら水が漏れるような音が鳴り始めました.

そこで水漏れだったら水道代やばくなるのではと,素人ながら気になり修理に乗り出すことにしました.これが間違いの始まりでした.

今にして思えばしっかりGoogle先生で予習するべきでした.

そして,水の元栓を占めるという視点のないままタンクの中をいじっていたので,水の元栓を占めていない状態で触ってはいけないフィルタの部分をいじってしまうのは必然だったと思います.

その結果フィルタが抜けて,抜けた穴から水が大量に吹き出しました.

吹き出し続ける水は止まることを知らず,何とかフィルタをつけなおそうとしましたが,水圧の強さの前になすすべがありませんでした.10分ほど水の噴出を何とか軽減していましたが次第に床に水がたまり始めました.

その時になりようやく水を止めないことにはこの事態を収めることができないと気付いた私は,トイレにつながっている銀色の配管についているマイナスねじが水の元栓なのではとあたりをつけました.しかし,今両手は必死に水が噴き出すのを止めているためトイレから離れることは簡単ではありません.

何とかトイレのタンクの蓋を無理やりかぶせて水が拡散する勢いを弱めた私はダッシュでマイナスドライバーを取りに行きました.マイナスドライバーが家にあってこれほどよかったと思うことは後にも先にもないのではないかと思います.なければつんでいました.

そして,何とか水を止めることができましたが,そのころにはトイレの外まで水浸しになっていました.でも止めることができて本当に良かったです.そうでなければ,永遠に水を噴出し続けるトイレによってものすごい水道代を払うことになっていたと思います.

肝心のトイレですが,水の元栓を閉めた後何度かタンク内のパーツをいじって,元に戻してから,元栓を開くということを2回ほど繰り返していたら治りました.

PCの不調が再起動で治るのは何度も経験していますが,トイレも再起動で治ったことで再起動教の一般性を実感しました.原因不明なので再発する可能性は十分ありますが様子を見ようと思っています.

大事なことなのでもう一度書きますが

まとめ:水回りをいじるときは水の元栓を閉めよう(絶対)あと作業中ドライバーは手の届くところに

でないと,トイレが動かないよりも大変な目にあいます.

カテゴリー: 小ネタ

N

博士後期課程学生 研究中に気づいた事を中心に記事を作成していきます.研究内容は主にヒト運動計測と脳波解析.

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA