今回はGait & Postureという雑誌について紹介します.実はこの雑誌に論文を投稿しようと日々頑張っています.まあ自分が投稿しようとしている雑誌ぐらいはしっかり説明できるようになろうと思います.

雑誌概要

Gait & Posture  は歩行(locomotion) やバランス(balance)に関する基礎的もしくは臨床的な研究が投稿される雑誌です.

掲載論文の分野

  • 歩行や姿勢の計測技術 (Techniques for the measurement of gait and posture and the standardization of results presentation)
  • 通常もしくは病理学的歩行の研究(Studies of normal and pathological gait)
  • 歩行や姿勢の異常の治療(Treatment of gait and postural abnormalities)
  • 歩行や姿勢に対するバイオメカニカルで理論的なアプローチ(Biomechanical and theoretical approaches to gait and posture)
  • 関節や筋のメカニクスの数学的モデル(Mathematical models of joint and muscle mechanics)
  • 歩行や姿勢維持時の神経や筋骨格系機能(Neurological and musculoskeletal function in gait and posture)
  • 直立姿勢や二足歩行の進化(The evolution of upright posture and bipedal locomotion)
  • 不可に対する適応(Adaptations of carrying loads, walking on uneven surfaces, climbing stairs etc)
  • 脊椎のバイオメカニクス(spinal biomechanics only if they are directly related to gait and/or posture and are of general interest to our readers)
  • 老化と歩行や姿勢の効果(The effect of aging and development on gait and posture)
  • 歩行の心理的,文化的側面(Psychological and cultural aspects of gait)
  • 患者教育(Patient education)

雑誌名の通り歩行や姿勢に関する研究を中心にモデルと計測の両方を扱っているようですね.

歴史

1993年 Gait & Posture 創刊?

web of science上では一番古い論文は1993年に7件の論文が投稿されているのが確認できました.考えていたよりも新しいのでもしかしたら調査不足かもしれません.

最多引用論文トップ3 (2019/10時点)

  1. 引用回数 1256回
    Marjorie Woollacott, Anne Shumway-Cook,
    Attention and the control of posture and gait: a review of an emerging area of research,
    Gait & Posture, Volume 16, Issue 1, 2002, Pages 1-14, ISSN 0966-6362,
    https://doi.org/10.1016/S0966-6362(01)00156-4.
  2. 引用回数513回
    Alberto Leardini, Lorenzo Chiari, Ugo Della Croce, Aurelio Cappozzo,
    Human movement analysis using stereophotogrammetry: Part 3. Soft tissue artifact assessment and compensation,
    Gait & Posture, Volume 21, Issue 2, 2005, Pages 212-225, ISSN 0966-6362,
    https://doi.org/10.1016/j.gaitpost.2004.05.002.
  3. 引用回数509回
    Tom F Novacheck,
    The biomechanics of running,
    Gait & Posture, Volume 7, Issue 1, 1998, Pages 77-95, ISSN 0966-6362,
    https://doi.org/10.1016/S0966-6362(97)00038-6.

上記の引用数はWeb of Scienceで調べました.すべてreview論文でした.Review論文はその分野のこれまでの研究をまとめる側面があるので,引用数が多くなりやすい傾向があるのかもしれないです(論文の種類と引用数の関係は今後時間があったら調べてみたいと思います).

タイトルから想像するにTop1の論文は注意が歩行や姿勢制御に与える影響に関するレビュー論文.Top2が3次元計測によるヒト運動解析時のソフトティッシュアーティファクトの評価と補正に関するレビュー論文.Top3が走行中のバイオメカニクスに関するレビュー論文みたいですね.

統計値 (2019/10時点)

総出版数:4621

総被引用数:110,081

(web of scienceで調査)

論文掲載数/年

年別出版数

Gait & Postureの年ごとの出版数の推移

出版数は年々増加傾向にありますね.これは良いことなのでしょうか?

国別投稿数

投稿数を反映したワードクラウド(投稿数が大きいほど文字が大きいです.)

国/地域 レコード % of 4621
USA 1517 32.828
CANADA 463 10.019
ENGLAND 426 9.219
AUSTRALIA 369 7.985
NETHERLANDS 338 7.314
GERMANY 282 6.103
ITALY 235 5.085
FRANCE 228 4.934
BELGIUM 219 4.739
JAPAN 203 4.393
SWITZERLAND 161 3.484
BRAZIL 158 3.419
PEOPLES R CHINA 113 2.445
TAIWAN 105 2.272
SWEDEN 96 2.077
SCOTLAND 86 1.861
ISRAEL 62 1.342
SPAIN 61 1.32
SOUTH KOREA 57 1.233
IRAN 54 1.169
DENMARK 53 1.147
IRELAND 52 1.125
NORWAY 44 0.952
AUSTRIA 34 0.736
NEW ZEALAND 34 0.736
(41 国/地域 の値が表示オプション外です。)
(45 レコード (0.974%) は分析中のフィールドのデータを含みません。)

雑誌間相互関係

Gait & Postureに掲載された論文が引用された雑誌

Gait & Postureに掲載された論文が引用された雑誌

Gait & Postureに掲載された論文が引用した雑誌

Gait & Postureに掲載されている論文が引用されている雑誌

図からGait & Postureに掲載される論文はPLOS ONEの論文を引用されることがとても多く,逆は少ないという非対称性があることがわかります.Gait & Postureをメインにしていた研究者たちがPLOS ONEに流れているのでしょうか.またJ BIOMECHは引用数も被引用数も同じくらいでかなり近い雑誌なのではないかということが想像できますね.

投稿時の条件

論文 (Full Paper)

文字数制限:3000単語以内(図,表,リファレンス,アブストは含まない)

アブストの文字数制限:300単語以内

図/表の制限:合計6以内

参考文献数の制限:30文献以内

 

まとめ

これまでGait & postureについてまとめてきましたがいかがだったでしょうか.おそらくマイナーな雑誌ですが歩行や姿勢制御の研究を扱っている雑誌で年々出版数が増加していることやJ BIOMECHやPLOS ONE,脳関係だとEXP BRAIN RESと関係が深そうな雑誌であることがわかりました.

参考文献

Gait & Posture – Journal – Elsevier

InCites

この雑誌について知りたい等の要望ありましたらコメントください.もしかしたら書くかもしれません.

また,データを見て何か気づいた人もぜひともコメントいただけると嬉しいです.


N

博士後期課程学生 研究中に気づいた事を中心に記事を作成していきます.研究内容は主にヒト運動計測と脳波解析.

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA