方法で説明する内容

  • 検証した仮説は何か
  • どんな変数をなぜ計測したのか
  • どんな装置を使用したか,それはどこで手に入れたものか
  • どんなプロトコルでデータを計測したか
  • どうやってデータを解析したか,統計的手法,数式,ソフトウェア
  • (検定した場合は)有意水準を何にしたか
  • どの論文で自分が詳細に話していないことが説明されているか
  • 何が先行研究の方法論と比べて新しいのか

過去形か現在形の受動態で書く

誰がしたのではなくて何をしたのかが大切だから.基本は過去形?現在形は一般的な方法を使用した時等に使う.

便利なフレーズ

選択とその理由を述べる際

Aを○○するために,~しました.

  • In order to validate A, we first had to ~
  • In an attempt to identify A, it was decided to ~
  • To provide a way of characterizing A, B method was used.
  • For the purpose of investigating A, we

私たちの目的はAです

  • Our aim was to get A
  • This choice was aimed at getting A

選択と行動をつなげる際

文Aなので,~

  • 文A, thus -ing ~
  • 文A, thereby -ing ~

なので

  • Consequently
  • The next step was thus/therefor/consequently to 不定詞

Soは緩めの単語なので使用しない

最終チェック

  • 他の研究者が同じ実験を再現できるだけの詳細が書かれているか
  • その方法を選んだ理由を正当化できているか
  • すべて明確に短くまとめられているか,曖昧なところはないか
  • 前に戻って確認しなくても内容がわかるようになっているか(省略等も)
  • 時制は正しいか(過去形は自分のしたこと,現在形は確立された科学的な事実や処理,ソフトウェアアプリ,標準的なデバイスについて記述するときに使用)

N

博士後期課程学生 研究中に気づいた事を中心に記事を作成していきます.研究内容は主にヒト運動計測と脳波解析.

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA