英語タイトルにおいて,4文字以上の前置詞(や接続詞)の頭文字は大文字になることがあるようだ。

大体の単語の頭文字は大文字

最初の単語,名詞,動詞,形容詞の頭文字を大文字にすることは明らか。
つまり,それ以外の単語,(最初以外の)冠詞,接続詞,前置詞は小文字にするべき。
これは誰でも知っているルールだろう。

しかし,この前とあるジャーナルの論文を見ていて前置詞withの頭文字が大文字になっていることに気がついた。これはタイポか?

4文字以上の前置詞の頭文字は大文字になることがある

AP (Associated Press) style や APA (American Psychological Association) styleにおいては,「4文字以上の前置詞の頭文字は大文字にしなければならない」らしい。WithやAboutやBetweenとか。
ちなみに,Chicago styleやMLA (Modern Language Association) styleでは文字の長さに関係なく,前置詞は小文字にするそう。
(参考URL: https://editorsmanual.com/articles/capitalizing-headings/#usage-guide
原著に遡ってまでは調べていないので,間違っていたら教えてください。

ということで,withが大文字になっていたとあるジャーナルではこれらのスタイルに従っていたわけでした。タイポではなかった。自身の無知を恥じました。

以上,

The Capitalization Rule About Four Letters or Longer Prepositions in Academic Paper Titles

でした。

カテゴリー: 小ネタ

O

博士後期課程の大学院生.科学と技術とお金が好き.

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA